脱毛での負担を軽減

脱毛でジェル使用の理由

脱毛前に塗られるジェルの役割

脱毛サロンによっては、光を照射する前にジェルを塗られることもあります。これは、SSC方式と呼ばれる方法であり、専用の機種を使用しています。脱毛施術で使用される光は肌にも負担を与えるものであり、ジェルは直接光が肌に当たらないように保護してくれる役割を持っています。さらに、ムダ毛が生えにくくなる効果のある成分が含まれていることもあるので、ダブルの効果でムダ毛にアタックしてくれることができます。機種によっては事前に塗る必要がないというものもあるのですが、ヘッドに冷却装置を備え付けてあるので肌への負担を最小限に抑えてくれます。

脱毛の際のジェルの役割

脱毛の施術が行われるときには、強い熱と光を肌に当てながら毛根を刺激するため、何もケアしないととても痛いです。そのため、脱毛のために照射する度に丁寧にジェルを塗りながら肌を冷やし、できる限り痛みを最小限に抑えるようにして施術を行います。ジェルの役割はまさに、強い光と熱から肌を傷めないように、肌を守るために使用されています。基本的にはどのエステサロンでもこのような方法で施術を行っており、施術を受けるときにストレスなく済むようにしているのです。効果的で痛みの少ない施術を受けて、綺麗な肌を目指しましょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; ジェル無しでも脱毛は可能 All rights reserved